スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

2008年も終わり

ぉー今年ももうすぐ終わるー。
はやいとこ今年一年を振りかえっておこー。


指輪なし、挙式なし、で、今の妻と結婚をする。
それからしばらくして引越しをし、
さらに少しして、3年近く勤めた会社を勢いで辞める。

転職活動中にうつ病が悪化し、極鬱状態となり、
精神科閉鎖病棟デビューを果たす。

生活苦の為、まだ3000kmしか走っていない愛車NEW DEMIOを手放す。
引越しの際にこさえた借金を両親に被ってもらい、申し訳なく思う。

妻が今年9月末に以前の会社の上司と会社を興す。
妻が社長になったが、興したばかりの会社で先行きはかなり不透明。
家賃もろくに払えず、僕のカードローンでなんとか食いつなぐ。


僕は、自分がうつ病であることを受け入れるのに、ずいぶん時間がかかりました。

僕は、うつ病になって、はじめてその辛さを知り、その世界を知りました。
僕は、うつ病になって、とても悔しい思いをし、自分を見失いました。
僕は、うつ病になって、ひきこもりになり、貧乏になりました。


今年一年を一文字で表すと、「鬱」、ベタですがそれ以外思いつきません。

来年は、今年よりも良い年にしたいものです。(・ω・)/

スポンサーサイト

  1. 2008/12/31(水) 23:38:51|
  2. 経過メモ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

レコード大賞

普段まったくと言っていいほどTVを観ないのですが、
レコード大賞は観ときました。
珍しく妻と二人で。

Perfumeの「ポリリズム」という曲と、
青山テルマfeat.SoulJaの「そばにいるね」という曲が耳に残りました。
Perfumeはなんだか鼻をつまんで歌っているような感じ? がしました。
青山テルマ~は今時の曲って感じですね。

大賞を受賞したEXILEの曲は何も胸に響きませんでした。
曲名がなぜにイタリア語なのかよくわからなかったし、
歌っている人の後ろでクネクネ動く長髪長身の方の動きが気になってしょうがなかったです。

あと、サプライズで生Winkの「淋しい熱帯魚」が懐かしくって良かったです。
妻が喜んで、振り付けを真似ていました。妻はもうすぐ32歳です。


今日は我が家は大掃除でした。
妻が張り切っていろいろやって、僕はほんの少し手伝ったダケ。
食事の用意はキチンとしましたけどね。手抜きだけど。

明日で今年も終わるのかぁ。今年一年を振り返っておこうかな、明日。


  1. 2008/12/30(火) 23:51:06|
  2. 経過メモ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

窓の外

過去の遺物的HPをひっそり公開してみましたー。

窓の外 という名のHPで、内容によっては、

不快感や嫌悪感を抱く人も中にはいるかもしれません。

そして、アスペルガーっぽいかもしれませぬー。



  1. 2008/12/29(月) 22:55:28|
  2. 心理検査|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

アスペルガー症候群?

えー前回の記事の続きです。
今日は頭のウニウニ感が強くてやる気ナッシングーなので、
あっさり記したいと思います。

3回目のテストは、たぶんWAIS-III成人知能検査と呼ばれるテストです。
「たぶん」の理由は、書面で検査名と検査結果(数値)を知らされていないからです。
よく覚えていないのですが、リンク先の検査道具セットは見覚えあります。

4回目のテストは、ググってみたのですが、どうも適当なテスト名が見当たりません。
4コマ漫画みたいな絵があって、最後のコマにだけ吹き出しがついていて、
その吹き出しに適切だと思われるセリフを入れよという内容だったと思います。
たぶん、状況把握能力でもみるんだと思います。たくさんありました。

3回目、4回目、ともに鬱でヘロヘロな自分にとっては拷問のようでした。
それで、4回目のテストを終えた段階で、
メガネ嬢から5回目のテストの用意もあるんだけど受けてみないかと言われたのですが、
体調がすぐれない状態で受けたくないと言って断りました。
そのテストは、メガネ嬢が僕の担当医に是非実施したいと進言したそうなのですが、
内容がさ・・・・・・SCT(文章完成法テスト)と呼ばれるもので、
不完全な文章に自由に補わせて全文を作らせるという内容で80問ぐらいあって、
無理無理無理無理無理無理・・・って感じ。80問って。( -.-) =з
それにメガネ嬢、ちょっと気負いすぎだよ。


んで、結果。

んと、その前に、結果は恐らく心理検査だけで判断したものではないと思います。
担当医からは幼少時のエピソードとか近況とか色々聞かれましたし、
何考えてんだかなんですが、
僕は大学時代からひっそり運営してきたHPの内容を
プリントアウトして担当医に手渡したりしてました。
診察の参考になるかもと言って手渡したような気がします。奇怪行動かもです。


んで、結果。

退院の直前に担当医の口から。

「心理検査の結果、警戒心と不安感がとても強く見られます。
それと・・・、状況判断が苦手ではないですか?
相手の言ってる言葉の意味を汲み取ることが苦手ではないですか?
あなたは、えっと、本来ならご両親に幼少時のエピソードなどを聞いたりするのですが、
・・・アスペルガーかも知れません。
それで、助言なんですが、退院したら、アスペルガー関連の書物でも読んでみて、
これは自分に当てはまる、これは自分には当てはまらない等、
なさってみて下さいな」

と、いうことでした。

えーまだアスペルガー関連の書物は読んでいませんが、
ネット上にはアスペルガーに関する情報は氾濫してるようですね。

妻に言わせると、ヤブ医者め! 誤診だ!
兄貴に言わせると、確かにそうかもしれん、だけどそれは個性と考えて・・・。
という感じでした。

にしても、アスペルガー「かも」って・・・。気持ち悪いなぁ。
アスペルガー「っぽい」ならいいかな。


  1. 2008/12/29(月) 15:25:10|
  2. 心理検査|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

心理検査

えー前回の記事で心理検査(性格検査)の話が出て、今回にまわしたのですが、
単純に結果だけ記載しても面白くないかなーと思ったので、
その経緯をちょっと臨場感(?)を交えてお送りしたいと思います。

入院中の僕の担当医が僕を持て余していたのか、
入院そうそう退院したがった僕が危険なのではないかと判断して
検査をさせることで引き留めようとしたのか定かではないのですが、
僕は入院初期の段階で4つの心理検査を受けました。
あ、いやいや、確か僕が「自分がわからない」などと言ったからだと思う。

鍵のかかった扉をいくつか抜けて、囚人のような気持ちで狭い心理検査室に入ると、
僕と同い年ぐらいのメガネをかけた若い女性の臨床心理士さんが待ってました。

簡単に自分が誰だか名乗った後、「実のなる木を描いてください」と言われ、
鉛筆と真っ白な画用紙を渡されました。
僕が描き始めると、メガネ嬢はストップウォッチをピッと押す。
描いてる最中にメガネ嬢がチラチラ僕を見ている視線を感じる。
さりげなくメガネ嬢を見返すとコソコソと何やらメモをしている様子。
で、たっぷりと時間をかけて僕が描いた実のなる木を見て、
メガネ嬢は何やら怪訝なご様子。
しばらく神妙な面持ちをした後、「明日また別のテストを受けて下さい」と言われる。

んで、次はロールシャッハ・テスト。
シンメトリーなインクの染みのような薄気味悪い絵を何枚か見せられ、
その一つ一つの絵から何が見えるか表現してくださいとメガネ嬢が言う。
僕が何かが見えると言うと、メガネ嬢はそれを慣れた様子でメモメモ。
またストップウォッチを使っていた。
絵を回転させながら唸っていると、その様子もメモメモ。
ひーこらな気持ちで絵の解釈を終えると、
今度は、自分がメモメモしてたノートを見ながら、
なぜこの絵を見てこのような解釈をしたのか説明を求む、と。
ひー。また全部の説明かー。( -.-) =з
それも終えると、最後に、どれが一番好きな絵で、どれが一番嫌いな絵か選んで下さい、と。
それで僕は、どれも選びたくない、どの絵も僕には気味が悪くて嫌いだ、
それに、こんなテストで僕の何がわかるんだとやや切れ気味に僕はまくし立てる。
だいだい僕は鬱でヘロヘロな状態でテストを受けてるんだぞー。ヽ(`Д´)ノ
やや取り乱す僕を見て、メガネ嬢は慌てた様子で弁解し、
「明日また別のテストを受けに来て下さい」と言った。


えー長くなりそうなんで続きはまた次回(・ω・)/


  1. 2008/12/28(日) 23:36:26|
  2. 心理検査|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

Why?

今日は2週間に一度の精神科。
少し早めに着いたので、喫茶店で煙草を吸いながらコーヒーを飲む。
談笑してるオジサンたち、何かメモをしながらパンを頬張るお姉さん。
店の外では、みぞれまじりの雨。行き交う人々。

クリニックの受付で自立支援医療の管理票を受け取る。
気の強そうな綺麗なお姉さんの説明を聞き、自己負担がゼロだと知る。
無収入だからっすか・・・。嬉しいけどw
申請日から遡っての分で、7千円ぐらい返金される。お小遣いヤター。

んで、診察。

頭のヒリヒリ感とモヤモヤ感が依然として続いてて、集中力が持続せず、
アルバイトの応募に踏み切れずにいる、伝える。

あとなんかいろいろ話してて、秋葉原殺傷事件の加害者の気持ちわかる?
と、質問が。なぜに僕にその質問を・・・。Why?
そーいえば入院中に妻にも同じ質問をされたなーなんて思いつつ、
何かのテスト? なんて思いつつ、
恐らく一般受けしないだろうと思われる回答をしました。

テストで思い出したんだけど、僕は閉鎖病棟入院中に、
心理テスト(性格検査?)を4つ受けました。
えっと、実のなる木を描けテスト、ロールシャッハ・テスト・・・。
で、~症候群の可能性を指摘されたんだけど、
長くなりそうなネタなんで次回。(・ω・)/

診察の待ち時間に、先の気の強そうなお姉さんと他の患者さんとのやり取りがオモローでした。
患者A「今年もお世話になりました。来年もよろしくお願いします」
お姉さん「病院で来年もよろしくと言われてもー」
そりゃそうだけどw
前々から思ってたんだけど、このお姉さん、患者のあしらい方(?)がウマイです。
バラエティ番組の司会とか余裕でやれそうです。

ところで、精神疾患の患者さんって、
狙って言ってるのか、大真面目に言ってるのか、どないやねんなときがあります。
閉鎖病棟入院初日のとき、風呂でサヴァン症候群(自称)の青年と一緒になりました。
青年は自分のシャンプーとリンスを僕に使ってくれと言い、
僕がありがとうと言って使っていると、
自分がなぜここにいるのかと話はじめて、僕が興味ありそうに聞いてると、
スーパーで普通に買い物してたらいきなり警察が来て入れられたんだ、と。
ひどいでしょ? ひどいでしょ? 警察ひどいでしょ? と。
ん、ん、ん、そそ、そうだねって僕は答えながら、頭の中に?が一杯でした。
他にも、統合失調症(自称)の患者さんで、
病院の受付のお姉さんにいきなり求婚したら入れられたという青年もいました。
ぉーうエキセントリックー。
そして、サヴァン症候群ってはぐれメタル級のレアキャラなんだと後でネットで知りました。
うーんもっとお話したかったかも。


なんかダラダラと書いてしまった。

あとなんかあったなー。

あ、薬局でも自立支援での返金を要求したら、
今日は立て込んでるからまた次回にさせて下さいねって。
へ? そんなのアリ? たぶん一万ぐらい返ってくるんだよ?
クリニックのお姉さんに薬局でもお小遣いもらって下さいねってあしらわれたんだよ?


  1. 2008/12/26(金) 20:43:06|
  2. 通院&お薬|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:8

昔話とか

いつも10時ぐらいまで寝てしまっているのですが、
今日は不思議と5時に目が覚めました。

覚めたといっても、特にすることもなく、ネットをうろつく。
急死した飯島愛さんのブログを読み漁って時間が過ぎた。
春に亡くなった川田亜子さんの時もそうだったんだけど、
特にファンってわけでもないのに彼女たちの情報にとびついてしまう。

もし、僕がうつ病でなくて、仕事に追われるサラリーマンだったなら、
一瞥して、ふーん、そっかーで済んだと思う。
彼女たちのように大きく記事にはならなくても、
日本では年間3万人、一日平均100人ほどの人が自殺している。
だけど毎日100件の自殺記事が目に留まることはない。
ありふれた自殺は、記事にもならないんだろうな。

先の彼女たちは、記事になった分、幸せだったりするのだろうか。
僕は来世と呼ばれるものがあるのかどうかよくわからない。
この世界は実は夢だったりするのかどうかよくわからない。
ただ、純粋に突き詰められた死という概念は、
幸せを感じたり、残された遺族の悲しみを感じたりする視点をもたない、
言い換えれば、それらの感情の主体であることはできない。
だから、絶望も、希望も、何もかもがそこにはない。

・・・何がいいたいのか、よくわからなくなって参りました絵文字名を入力してください

昔さ、僕は高校のときに親友だったヤツと二人で高校を中退して、
それで、一時期、二人で夢なんかを持ってたりして、
だけど、ケンカばかりで、二人は途中で道を別れて、
僕は大検を受けて大学へ、彼はそのままフリーターを続けて、
しばらく彼のことは忘れてたんだけど、
僕が大学4年に進級する直前に、彼は自殺してしまった。
僕らの地元の自殺の名所と言われる大橋から飛び降りて。
なんかそれで死について、僕なりにぐるぐる考えて、
以前ホームページを作ってたりしてたんだけど、
僕の死生観とかってけっこうズレてるような気がして、
ホームページは閉鎖しちゃったんだよね。
気が向いたら復活させてみようかな・・・。


  1. 2008/12/25(木) 23:46:55|
  2. 経過メモ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

アイス食べすぎ

昨夜、アイスを6個ドカ食いしてしまった。がっくり
こないだ風邪をひいてたときも一晩で5個ドカ食い。
(ちなみに、アイスの大きさはハーゲンダッツのカップサイズぐらいです)

過食症ではないけど(たぶん)、食べ始めたら止まらなかった。
幸いお腹はこわさなかったけど、こんなの続けてたら確実に太る!
今はまだ痩せ体型だからいいけど・・・。

うつ病になってから大きな食生活の変化が二つあります。
一つは、毎日晩酌で飲んでいた缶ビールをやめたこと。
もう一つは、無性に甘いものを食べたくなること。

うつ病になって甘いものを欲するようになった人って、結構いるみたいですね。
僕もそのクチです。以前はあまり甘いものを口にすることはなかったのに。

甘いものはストレスを和らげる作用があるから・・・なのかな?
それとも、血糖値を上げて脳をスッキリさせたくなるから・・・なのかな?

食べた分、消費できれば何の問題もないんですけどネ。


  1. 2008/12/22(月) 10:12:11|
  2. 経過メモ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

音楽と記憶

今日は、というか、今日も、一日中頭がヒリヒリもやもやでグダグダでした。
家事達成率は50%ぐらい。一歩も外に出ていない。
You Tube とブログを巡って非生産的な一日を終えました。

ところで、音楽と記憶って密接に結びついていたりしますよね。
この音楽を聴くと当時を思い出す、とか。

僕は大学時代は鬼束ちひろさんのファンで『インソムニア』(=不眠症!!)
というアルバムをよく聴いてました。



(月光 by 鬼束ちひろ) ストレートに狂気を表現してくれました。絶唱したい。

また、躁気味になりながら前職の会社とバトルを繰り広げていたときには、
ヘヴィロテでヒッキーの曲を通勤電車の中で聴いていました。



(Kremlin Dusk by Utada ) 3分ぐらいからのヒートアップがかっこいい。絶唱したい。



Kremlin Dusk と Final Fantasy VII Advent Children のコラボ。
ゲームの世界に解脱したい。


  1. 2008/12/18(木) 22:47:42|
  2. 経過メモ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

ぐっとくるかもしれない動画

メンタル系の疾患を持つ人には、どこかぐっとくるものがあるかもしれない動画。
なかったらすんません。。











by 加藤諦三


  1. 2008/12/17(水) 10:34:28|
  2. 経過メモ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:9

自立支援医療

風邪はそろそろ良くなったような気がします。
ダルさが風邪からくるのかウツからくるのかどないやねんだったのですが、
どうやらウツオンリーになった模様です。

風邪が治っても、ウツ、なんだよね。\(^o^)/


今日は、現在通院中のクリニックのお姉さんから電話がありまして、
自立支援医療の申請が通りましたよーとのこと。
申請したのが、10月7日だったから、2ヶ月以上かかったわけですね。
ま、でも、申請日まで遡っての分の医療費が減額になって払い戻しされるから、
少しだけ懐が温まるし、次回から1割負担になるのは嬉しい。
で、払い戻しの際に今までの分の領収書を持ってきて下さーいとお姉さんに言われ、
机の上で埋もれていた領収書をかき集めました。次回診察時に忘れないようにバッグへ。


今日は風邪のリハビリということで、普通の洗濯と、猫の洗濯をしました。
普通の洗濯は全自動で、猫の洗濯は手洗いです。


かーいい天気なのに、ウツなんてやってらんないねー。( -.-) =з


  1. 2008/12/16(火) 21:27:26|
  2. 経過メモ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

『クワイエットルームにようこそ』

今週の頭から風邪でダウン。
熱はないのだけど、鼻水と咳とのどの痛みとダルさがあって。
鬱と風邪のダブルパンチは応えるなぁ。
市販の風邪薬でなんとかしのぐ。

風邪でダウン中に『クワイエットルームにようこそ』という映画観ました。
松尾スズキ監督で、精神科閉鎖病棟が舞台。
笑いあり、涙あり、・・・といったところ?
僕がお世話になった閉鎖病棟の患者さんたちを思い出しました。
エキセントリックな人もいたけど、基本的にみんなおとなしかったです。


クワイエットルームにようこそ 特別版 (初回限定生産2枚組) [DVD]クワイエットルームにようこそ 特別版 (初回限定生産2枚組) [DVD]
(2008/03/19)
りょう内田有紀

商品詳細を見る



ちなみに僕はクワイエットルーム(保護室、拘束室)には入ったことはありません。
強制入院の方は保護室上がりの方が多かったように思います。


印象に残ったシーンをYou Tubeでみつけました。(・ω・)/





  1. 2008/12/12(金) 13:26:58|
  2. 経過メモ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:10

タイミング

ここんとこ、現状維持で家事は100%達成中。
レパートリーが少ないし、料理のイロハもほとんどわかっていないので、
料理には結構苦戦していますが、
スーパーに行けば、いろんな調味料が所狭しと並んでいて、
テキトーに使ってみればそれなりの味になったりして、
妻から特にダメだしもなくなんとかこなせています。
いろいろ混ぜてみればなんとかなるもんだなー。

現状打破の為にアルバイト雑誌もパラパラめくってはいるものの、
なかなか応募に踏み切れません。
頭のウニウニ感がスッキリしたときがそのタイミングだと思っているのだけど、
いつになったら訪れるのやら・・・。
焦ってもどうしようもないんだけど、やっぱり焦る。
部屋で悶々と過ごすよりも、
ウニウニ感を抱えたまま突撃するほうが治りは早いのだろうか・・・。

自分の身体なのに自分で自由にできないこの不便さ。
脳内のナントカ物質が足りなくて不都合を生じているのなら、
自分の意志で右手を上げたりするようにナントカ物質を調整できたらいいのに。
人間って不便だなぁ。


  1. 2008/12/04(木) 23:51:12|
  2. 経過メモ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

11月 « 2008年12月 » 01月
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Ranking

Recent Entries

Recent Comments

Archives

Category

Links

Profile

斉木

Recent Trackbacks

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。