スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

最終的には気の持ちよう

デパスを飲まなくなってからの不調が酷く、
ただ横になって過ごす日々が続いて参ってきてしまったので、
急遽、クリニックに診察の予約を無理に入れてもらい、
デパスを処方してもらってきました。

デパスを飲むとやや眠気がでるんだけど、
頭のヒリヒリ感、グダグダ感、ガクガク感、イライラ感が緩和され、
多少は行動的になることが経験的にわかってきたので。

僕の主治医は基本的にお薬出したがらない派です。
でも患者の話はよく聞いてくれます。

ネットで鬱関連の記事を読んだりしてると、
鬱の治療が長引く原因の一つに、
抗うつ剤が合っていない、もしくは量が足りていない、
なんてことがあるようだったので、
今の自分の抗うつ剤(トレドミン75mg/day)の種類と量は、
適切なのだろうかと質問してみました。

先生が診る限りでは僕の様子は
以前よりも良くなっているように見えるとのことなので、
抗うつ剤はこのままいきましょーということに。

また、眠剤についても、
服薬してから3時間ぐらいで眠っていると伝えると、
アモバンが効いてないのかもねといいつつ、
眠剤にも特に変更はなし。
(ユーロジンは割って飲んでるからユーロジンが溜まってきたよ)
シュピッと眠れて、シュバッと目覚められたらいいのになぁ、
なんてぼやいていると、
まぁ鬱なんだし、そう完璧を求めなさんな、とのお言葉。

話好きのする先生で、
今日は一言、鬱は、最終的には気の持ちよう、だと。
そこに行くまではエネルギーが足りないから、薬に頼らざるを得ないんだけど、
何かを諦めたり、何かを開き直ったり、
いわゆる「認知の歪み」に対して、
自覚的になり矯正していくことが肝要なのだと。

長年、多くの患者を診てるけど、
君の鬱はきっとキレイに治ると思うといい、
僕の長所を並べてくれ、また、
好きなコトがいろいろある人は治っていくもんなんですよと。

そして最後に、私が君の鬱を治しますからね、とも。
おぉ、ちょっぴり感動的ー。
診察室の窓際から夕陽でも射し込めばなおベター。
(日中だけど)

職ない、金ない、でも、治すという意欲は芽生えて膨らんできてる。
できるだけ家事をこなすところから始め、
ブログの更新とかで己のボルテージをあげていくぞ!


スポンサーサイト

  1. 2008/10/31(金) 21:14:46|
  2. 通院&お薬|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

躁かといわれれば躁かも

先日、精神科へ。

今更だけど、僕がうつ病になった原因を医者と話してて、
落ちる前のアナタは躁だったんじゃない?
だとしたら、アナタの自己満足でウンタラカンタラ・・・と医者の話。
躁病についてネットで調べてみたら、
確かに躁だったと言えなくもない・・・。
多弁多動だったかもしれない。
何かのスイッチが入って、何かにとりつかれて・・・。

躁かといわれれば躁かもしれないし、
躁じゃないと言われれば躁じゃないかもしれない。

正直、どうでもいい。
ただ、ある日を境にだんだん身体から力が抜けていき、
ロヒプノールが効かなくなり、
自分の身体に何が起きているのか自分でもよくわからなくて、
だんだん死にたい気持ちが芽生えてきて膨らんでいった。

以前の職場を恋しいと思ったり、
一人で暮していたときの状況が恋しいと思ったり、
転居の際にこさえた借金を老いてきた両親に被ってもらったり、

・・・過去を振り返ると後悔の念にさらされて苦しくなる。

だから、過去は忘れて、未来を見つめて生きていきたいと思う。
早く身体と脳の機能が回復して欲しいと思う。

妻も、大分に住む両親と兄も、僕の立ち直りを待っている。
両親に対しては、色々と確執もあり、
なかなか素直にありがとうと言えなかった。

理由なんていらない、生きる意味なんて求めない、
とにかく僕は立ち直らなくてはいけない。生きることにしてるんだ。
収入がゼロなのでなおさら早く立ち直らなければならない。

んが、急がば回れ。
社会復帰に向けたリハビリについて医者と話をしてると、
コンビニで3時間ぐらいのバイトがいいんじゃない?
お金も欲しいでしょ? と、のこと。
また、仕事は最高のリハビリですっ! とも。

・・・金はモチロン欲しい。
だけど、今の体調では、
コンビニで3時間のバイトすらハードルが高く感じる。
在職中は一日12~16時間の仕事をこなしてたのに・・・・。
ホント、情けないっすネ。
今回の医者のアドバイスは聞き流すことにしました。

依然として僕の体調には波があり、
医者と話した翌日と翌々日は部屋に引きこもって出れなかった。
大阪に戻ってからは、
夕方頃に20~30分の散歩をするのを日課にしてたけど、
それもできず。悶々と部屋で過ごした。

デパスは眠いからレキソタンという薬を処方してくれませんか?
と医者に進言したら、あえなく却下。
デパスも処方されなくなった。
ここんとこ調子が悪いのも、デパスを飲まなかったからかな?
トレドミンが効いてるって実感が持てるまでは、
抗不安剤に頼るのもいいと思うんだけど・・・。


  1. 2008/10/24(金) 21:49:17|
  2. 通院&お薬|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

くたばりたくない。

何を書いたらいいのかよくわからない。
何が辛いのかよくわからない。
この先、どうしたらいいのだろうと、考えることを放棄している。
死んだように生きている。
たぶん、生気がなく、遠い目をしている。
無為の日々を過ごしている。
妻に依存している。
猫をなでたり、マンガを読んだり、映画を観たり。

僕のうつ病の原因は何だったのだろう。
3年近く勤めた会社を勢いで辞めてしまった。
文字通り、逃げるように辞めてしまった。
在職中に不眠症になり、ロヒプノールを飲むようになった。
ロヒプノールはよく効いて、在職中の僕は元気だった。
今年の1月に結婚をし、2月に引越しをし、
そして4月に会社を辞めた。
仕事も同僚も好きだったのに、なぜか辞めてしまった。
辞めるついでに未払い残業代を請求し、
在職中に一度も取得したことがない有給休暇を、
すべて消化して辞めた。
短期間の間に、目まぐるしく僕は動いたが、元気だった。

そして、転職活動中に不眠症が悪化し、
多量の酒と薬を併用するようになった。
ウィスキーにロヒプノールを溶かして飲んだこともある。
5月頃のこと。
自分を見失い、自暴自棄になっていった。
気持ちに身体がついてこない。
身体に力が入らない。
眠れない。
自分に何が起きているのか、よくわからなかった。
思考を整理できなくなった。

死を考えるようになった。

うつ病と診断され、トレドミンを処方される。
ロヒプノールの代わりにユーロジンを処方される。
誤って、トレドミンを過剰に摂取したり、
自分の判断で勝手に飲むのを辞めたりした。
ユーロジンではろくに眠れず、
ほとんど起き上がれなくなっていった。
焦燥感、不安感、それらが僕を支配した。

・・・こんなハズじゃなかっただろ。
たぶん、そんな思いが支配したんだろう。
二度の自殺未遂。

泣きじゃくる妻を生気のない目で眺める僕。
僕の中で何かが壊れてしまった気がした。
もし未遂が未遂でなかったなら、
第一発見者は妻だったのだ。
結婚して間もないが、僕らは6年付き合ってきたんだ。

そして僕は精神科閉鎖病棟へ入院する。
そのときのことはまた今度書こう。書くのに疲れる。

諸々の事情により、これまでに6人の精神科医に会った。
昨日、2ヶ月ぶりに4人目の精神科医に会った。
年配の女医さんで、この人の紹介で僕は入院した。

症状を伝え、いろいろ話をしたけど、あまり頭に入ってこなかった。
「治る」というのが、どういう状態なのかという話が出た。
僕は覚醒せずにボンヤリしてしまう脳みそが嫌だと言うと、
覚醒しすぎると逆にしんどいでと先生の言葉。
ボンヤリしててええやんって。

・・・ええわけないやんっ。
いや、今はいいってことなんだろう。

あー社会から僕は隔絶している。
社会復帰への道のりを遥か遠くに感じる。

処方箋に特に変わりはなく、
入眠に時間がかかることと、なかなか起きれないことを告げると、
これまた、それでええやんとのこと。
いや、よくないでしょーと言い張ると、
ユーロジンは飲まなくても良くなってきてるのかもね、と。
あと、入眠前の薬は早めに飲めばええやんとのこと。

それで、さっそく、昨晩は早めにユーロジン抜きの眠剤を飲み、
ええ感じで眠りに落ちた・・・けど中途覚醒。
そもそも落ちてたというよりは、うとうとしてたという感じ。
中途覚醒してからは、
ユーロジンの代わりにロヒプノールを服用してみるも、眠れず。
いや、うとうとしてたかな。
9時ぐらいにベッドから這い出して、バナナを食べ、
トレドミンとデパスを飲んで再度ベッドへ。
昼ぐらいまでデパスの効果でうとうと。

感情の起伏がなく、廃人って言葉が脳裏をよぎる。
何もかもがどうでもいいといったら、それは嘘だろう。
僕はこのままくたばりたくはない。


  1. 2008/10/08(水) 19:30:34|
  2. 経過メモ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

鬱なんです。

活動療法的な効果を狙ってうつ病闘病記をつけてみることにしました。

とりあえず、現在服用中のお薬。

トレドミン25mg
デパス0.5mg
を朝、昼、晩、食後3回服用。

そんでもって、お休み前に、
ヒルナミン5mg
ユーロジン2mg
アモバン10mg
を服用。ユーロジンは半分に割って1mgとして服用。

僕のうつ病への入り口は睡眠障害でした。
・・・うーんその他もろもろ・・・今日は書く気がしない。
これまでの闘病歴はまた後日書こう。

今現在の症状、たぶんデパスの副作用だと思うんだけど、日中眠い。
お休み前の薬の切れが悪いのか、それともうつ病の症状なのか、
朝なかなか起きれない。眠りまくってる。
頭が冴えなくて晴れなくて常に靄がかかっている感じがする。
味覚が鈍ってる感じがする。
ろれつが回らない感じがする。
とても疲れやすい。
生きてる感じがしなくて、何かが麻痺しているような感じがする。
人に会いたくない。

それでも、ある一時期よりはちょっぴり上昇しているように思う。
開き直る(?)ことで、焦燥感からは開放されたように思う。
得体の知れない不安感もなんだかうやむやになってしまっているようだ。
生きたまま土の中に埋められているような感じも軽減した。
自分の身体が自分の身体でないという感覚にも慣れてきた。

やや活動的になった?


  1. 2008/10/05(日) 20:44:18|
  2. 通院&お薬|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

09月 « 2008年10月 » 11月
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Ranking

Recent Entries

Recent Comments

Archives

Category

Links

Profile

斉木

Recent Trackbacks

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。